フェスとロック

<最高12万PV>ライブ・フェス参戦歴10年の音楽好きが、ライブ,フェスに行くときの服装、チケットの取り方など役に立つ知識を主に紹介しています。それ以外にも、映画やドラマ、お金に関する役に立つ記事も書いています

【実体験を紹介】20代の未経験の転職、初めての転職を成功させるためには転職エージェントを利用しよう!

私は20代で職種・業界未経験での転職を成功させました。この時初めての転職でした。

そんな私から転職を考えているみなさんへ、未経験からの転職、初めての転職を成功させるためにやるべきことをお伝えします。

それはただ1つ、
転職エージェントを利用することです。
 
なんだそんなことか、そんなの知っているよと思うかもしれないのですが、初めての転職で転職エージェントを利用しない、そもそも転職エージェントの存在を知らない人って結構いるんですよ。
 
転職エージェントを利用するだけで、転職活動の質が上がり、負担は確実に下がります。
働きながら転職活動をする人がほとんどで、一人で行ってしまうと相当大変なので、ぜひ利用しましょう!
 
それでは具体的な方法をご説明していきます。
 この記事の目次
 

【転職エージェントとは?】

転職エージェントとは、「転職活動を行う人のサポートをしてくれる人」です。
面接の注意点、企業ごとの過去に面接で聞かれたこと等を教えてくれます。
 
また、面接日程の調整もしてくれ、企業側から面接の日程の連絡がきて、どうしても休めない日程の場合、日程の調整をしてくれます。これはかなり便利。
面接日程を自分で直接、企業と調整するのって、嫌ですよね。
僕も実際に調整してもらいましたし、非常に助かりました。
 
 
しかも、これらのサービスが 無料で受けられるのです。
転職を希望する人は一切お金を払いません。
 
ここで、「無料」ということで、「怪しい」、「どうせあとから課金になるんじゃないの?」と思う人がいると思います。
しかし、「無料」なんです。
 
なぜ無料で利用できるかというと、エージェントが求職者を企業に転職させたら、求職者の年収の約30%が転職先の企業からエージェント側に入るんです。
転職エージェントの成功報酬は、業界的に決まっているわけではありません。
基本的には求職者の想定年収の30%~35%が相場です。
大規模採用を行う企業によっては1人数十万円など一律にディスカウントしての契約も見られます。
 
だから、エージェントは求職者が転職できるようサポートしてくれます。
また、エージェントの各担当者は目標の数字もあるため、より数字を伸ばそうとします。
それが求職者側のメリットにもなりますが、担当者によっては、要望しない求人を勧めてくることもあるので注意が必要です。自分が転職に求める軸は持っておきましょう。
 
 
 

【オススメの転職エージェント】

エージェントサービスはいろんな企業で提供していますが、僕はリクルートエージェントを利用して転職に成功しました。
当時3社並行で利用していたのですが、リクルートエージェントが1番でした。
 

【リクルートエージェントの良い所は?】

①直接会って話を聞いてもらえる
今後転職活動を続けていく上で安心感があります!
担当の方の顔を見ておくのとそうでないのではやり取りのしやすさも違ってきます。
 
私はリクルート以外にも他に2社に登録して利用していたのですが、初回から電話でのやり取りとなり、初めての転職で
不安もあったため初回以降は利用しなくなりました。
 
 
②情報量が多い
やはりリクルートなので、情報量が多いです。
面接を受ける前に、その企業の面接で過去に聞かれた質問を共有してもらえました。
また、担当の方以外にも、面接を受ける企業に対して営業に行っている担当者から、その企業の情報を聞けたりもします。
 
 
③サポートが手厚い
面接前に電話にて、面接で「こう答えようとおもいますが、どうですか?」ということが聞けて、それにフィードバックをもらえるのでミスを防げ、新たな視点で面接を受けられます。
そして非常に安心します。
 
私も面接当日に不安になっていたところ、担当の方に電話をもらえて安心したという経験がありました。
そのおかげで無事入社できました!
 
 
みなさんエージェントの登録に対して、敷居が高い、面倒臭いと感じていますが、実は簡単です。
今登録せず、一人で転職活動する方が後々大変です!
今登録して、後で楽に転職活動しましょう!
(TSUTAYAのカードを毎回捨てて、来店の際に毎回再発行するのは面倒臭いですよね。)
 
これをやるだけでいい会社に入れるかが決まってきますよ。
良い求人は非公開求人がほとんどです。
採用側の会社としては、大抵の場合求人をオープンにしたくないのです。
理由としては、競合企業にどんな事業を伸ばそうとしているのか等、戦略を知られたくないという理由があります。
 
会員登録すれば、その非公開の優良求人を紹介してもらえるのでぜひ登録してみてください!
リクルートエージェントの登録は以下リンクをクリック! 
(クリック後、リクルートエージェントHPへ飛びます。リンク先で必要事項を入力すれば完了です。)
 
 

【未経験からの転職の際に大事なこと】

私は未経験からの転職だったのですが、そこで大事だと思ったこと、未経験で転職できた理由は以下の事柄かと思います。
 

・書類・面接で、ポテンシャル・伸びしろがあると思わせる

会社(サービス・取引先等)、業界のことをかなり調べて、それを面接の時に話す。僕は面接を受ける前に企業、業界のことを調べ、それを面接で話しました。それが、意欲が高い、ポテンシャルがあると評価されて内定をもらうことができました。
 
調べるものは、業界紙、業界雑誌、四季報がオススメです。
また、その会社のHP等で力を入れているサービスなどを勉強して、それを言ってアピールするのも有効です。
業界紙、業界雑誌は、その志望先の企業の人も見ていなかったりして、役員や部長は部下に「見なさい」と言っていたりするので、「業界紙見てこんなこと考えました!」と言えたらポテンシャルを評価さるはずです。
 
僕が転職を成功させた際は、志望先の特徴・サービスをHP業界紙で調べて、「このサービスやってみたい!」と話し、それでポテンシャルを評価されました。
 
 

・志望動機は「転職先でやりたいこと」を言う!前職の愚痴は絶対に言わない!

志望動機は転職先でやりたいことを言いましょう!そのためには、前にも書いた志望先の情報を調べることが欠かせません。
志望動機で「前職が残業多くて。。。」や「前職の人事制度に不満があったからです。。。」などの前職の愚痴をいうことは絶対にNGです!
 
僕と同じ時期に面接をした人で、愚痴を言った人たちはそこで落とされました。
 
 

・コミュ力をアピール

面接官の話を聞いて、相手が求めることを理解する。それを話す、アウトプットする。
 
 

・若ければ若いほどいい。

未経験の場合、若いほうが歓迎されます。
新卒入社後2年たたないうちにやめた場合でも若さが評価されて入社できます。
企業側としては、若い方が変なプライドがないからがないため指導しやすいんです。
また、ビジネスマナー(メールマナー、電話対応など)を一から教えなくても良いので教育コストが低いです。
ただし、未経験の入社だと給料は新卒レベルの場合があるので注意が必要です。その後の給料の増加レベルもエージェントに確認が必要です。
 
 
 

【転職活動の注意点】

転職時に以下の点に注意しましょう。
 
①自分の軸を決める
軸がないと、紹介された求人に対して何も考えず、ホイホイと入社して後悔することなるので注意です。
 
②給料、手当
給料とその後の増加幅は確認が必要です。
また、通勤手当、住宅手当等の各種手当ても確認がマストです。
企業側が間違って求人票に記載して、消えていないということもあるので、入社前にエージェント、企業側に確認が必要です。
 
③人間関係の悩みは、転職先でも発生する。
転職後も人間関係の悩みは続きます。
ある程度の人間関係は我慢しましょう。ひどすぎるならやめるべきだけど。
 
 
④面接では前の会社の文句は言わない。
転職理由の質問で、前の会社の文句を話しがちですが、NGです。
私が転職してから、面接してくれた現場担当者に話を聞いたら、落ちた人はそれが原因だったそうです。
転職理由は、「やりたいこと」を伝えましょう。
 
 
 
余談的に、私が転職してよかったこと、悪かったことをまとめてみました。

【転職してのメリット】

求めていた職場風土(前向き、柔軟性がある)で働ける
→今の会社に入って、結局は一緒に働く人が大事ということに気づきました。
・前職に比べ、優秀な人が多いため、より高いビジネススキルが身につく。
・若い人が多い。(前職では同じチームに20代自分一人)
・憧れの分野で働けている(理想通りの仕事ではないが、それが悪いわけではない)
 
 

【転職してのデメリット】

ほぼないですが、しいてあげるとすれば以下くらいです。
・残業が増えた。
・求められるアウトプットが高いため入社当初は苦しんだ。
→今になれば、成長に繋がっているので良い経験だったと思えます。
 
 
結論、転職してよかったと心から思っています。
理想的な職場で働ければ、その後の仕事への取り組み方・考え方がかわり、新しい価値観を得ることができます。これは自分が今感じていることです。
 
Evernote CEOのフィル・リービン氏は、人生に役立つ3つの教訓として「自分よりも賢い人を周りにおくこと」をあげています。
まわりの人が自分より「面白い」「興味深い」「頭がいい」環境に自分を置いてください。まわりがすばらしいからこそ、自分が走り続けなければいけないように仕向けるんです。より簡単な道のりを選ぶのではなく、むしろ自分自身を大変な境遇においてみることが大事です。
だから私はいま、自分よりも賢い人を雇うようにしています。ここでいう「賢い」は、自分よりもすべてにおいて優れているという意味ではありません。何かしら、1つの面でもそう感じられれば良いのです。私は突出したスキルがあるわけではないけれど、あらゆる面で力が発揮できるジェネラリストだと思っています。私の基本はプログラマーですが、だからこそ優秀な人に出会うと「あ、この人は優秀だな」とわかるので、その人を雇えるのです。
 
賢い人、優秀な人と働くと自分が成長を感じられます。これは私が今感じていることです。
 
理想的な環境で働きたいと思っている人は、以下リンクからからぜひリクルートエージェントに登録してみてください!
良い求人は非公開求人がほとんどです。会員登録すればそれを紹介してもらえるので、ぜひ!
会員登録は思っている以上に簡単です!
登録は以下のリンクをクリック!
(クリック後、リクルートエージェントHPへ飛びます。リンク先で必要事項を入力すれば完了です。)


 
 

【他にもこんな転職エージェントが】

マイナビジョブ20's
20代専門の転職エージェントです。
20代、第二新卒専門の転職ならこれに登録してみてもいいと想います。

 

・ワークポート

IT・インターネット・ゲーム業界の転職に強いワークポート。

この業界に興味があるのなら登録してみては?

ただしこの業界は、ブラック企業あり、スピートが速く淘汰も速いのでしっかり調べてから入社するようにしましょう!

 

・パソナキャリア

「対ヒト」の 手厚いサポートを売りにしているパソナ。派遣業など人材に特化したサービスを提供している会社です。

www.pasonacareer.jp

 

 

【優良企業を見つけるヒント】

せっかく転職するなら 優良企業。ホワイト企業に転職したいですよね。
そんな優良企業を見つけるヒントをご紹介します。
 

書籍「就活の鉄則!有名企業より優良企業を選びなさい!」

ブラック企業アナリストの新田龍さんが、優良企業をまとめています。

BtoBが多く知らないけど、優良企業ばかりなので、買う価値アリです。

就活の鉄則!有名企業より優良企業を選びなさい!

就活の鉄則!有名企業より優良企業を選びなさい!

 

 

 

東洋経済 「3年後離職率が低い」トップ200社

四季報でおなじみの東洋経済が、「3年後離職率が低い」トップ200社を紹介しくれています。

これでホワイト企業を探しましょう。

toyokeizai.net

 

 

Vorkersの働きがいのある会社ランキング

企業口コミサイトのVorkersが提供する働きがいのある会社ランキングです。

実際に働いたことのある企業の口コミを点数化し、ランキングししているので、参考程度にみてみるとおもしろいです。

http://www.vorkers.com/award/2016/

 
 

【オススメの転職本・漫画のご紹介】

転職の際にオススメの本をご紹介します。 
 
☑エンゼルバンク
転職のノウハウを漫画でわかりやすく解説してくれています。
漫画の中に出てきて、転職について色々教えてくれる海老沢というキャラクターは、元リクルートの海老原さんがモデルになっています。
(信憑性も増しますね)
5角形の考え方は本当に大事です。
この本はマストです!
エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(1) (モーニングコミックス)

エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(1) (モーニングコミックス)

 

 

☑キャリアアップのバカヤロー
元リクルートの常見陽平さんが書かれた本です。
常見さんは、人気の就活本を出しておられ、仕事に関して大変お詳しいのでこれも読んでおきましょう。
「キャリアアップ」のバカヤロー 自己啓発と転職の“罠”にはまらないために (講談社+α新書)

「キャリアアップ」のバカヤロー 自己啓発と転職の“罠”にはまらないために (講談社+α新書)