フェスとロック

ブログにアクセスいただきありがとうございます!このブログではライブ・フェス参戦歴11年の僕が、ライブ,フェス等で役に立つ情報や、好きな映画・ドラマ等について書いています。最高12万PV。

【画像で解説】ランディングページ、直帰率をGoogle Analyticsで確認する方法を解説!

(2017年3月7日更新)

ランディングページ、直帰率をGoogle Analyticsで確認する方法を、画像つきでわかりやすく解説します!

 

この記事はGoogle Analytics初心者の方向けの記事となります。

「Google Analytics ランディングページ」とググっても、言葉や方法が難しく、挫折しそうになった経験から、初心者の方にもわかりやすく解説したいという思いで書いています。

 

「パソコンのことよくわかんないし、Google Analyticsで出てくる言葉は違和感のあるカタカナばっかりでわかんねー」

という方は必見です。

 

この記事の目次はこちら

 

 

ランディングページ、直帰率を確認する方法

以下では、該当部分を黄色のマーカーで表示することとします。

1.まずはGoogle Analyticsにアクセス。

f:id:live_fes:20170307091349p:plain

 

 

2.メアド、パスワードを入力してログイン。ログイン後、以下のTOPページの「行動」をクリック

f:id:live_fes:20170307092131p:plain

 

3.「行動」→「サイトコンテンツ」→「ランディングページ」をクリック

f:id:live_fes:20170307092403p:plain

 

 

4.右の画面で下にスクロールすると、ランディングページのセッション、直帰率を確認できます。

簡単でしょ♪

 

セッションとは

セッション数とは、ユーザーがサイト訪問した回数をさします。
離脱したユーザーが30分以内にサイトに戻ってきた場合は、同じセッションとなります。

セッション数とは~Googleアナリティクス確認方法・目安・増やす方法より