フェスとロック

<最高12万PV>ライブ・フェス参戦歴11年の音楽好きが、ライブ,フェスに行くときの服装、チケットの取り方など役に立つ知識を主に紹介しています。それ以外にも、映画やドラマ、お金に関する役に立つ記事も書いています

【転職で上京したいけど不安な人へ】東京への転職に成功した僕がやるべきことを解説!

(更新日:2017年8月20日)

地方で働いていた僕は、無事東京へ転職できました。

そんな僕の転職成功体験を踏まえて、東京への転職を考えているみなさんへ、上京転職を成功させるためにやるべきことを解説します。

みなさんのご参考になれば嬉しいです♪

 

転職で上京したいけど、

失敗しそうで不安を感じている人、

面接は何をアピールすればいいかわからない人、

費用はどのくらいかかるか?、

交通費は出してもらえるのか?など皆さんが気になることを解説しています!

 

解説の前に、僕が行っていた転職活動を軽く説明します。

僕は20代の時、地方で働きながら東京での転職に成功しました。

しかも、職種、業界未経験での転職でした。

 

地方で働きながら、面接のたびに東京に行く方法をとりましたが、地方で働きながらでも十分転職できます。

転職活動期間は4ヶ月位でした。

 

僕の場合、上京転職かつ未経験での転職だったので、転職エージェントへの登録はマストでした。

一人ではとても転職できなかったと思います。

面接日程の調整や面接でのアドバイスをもらいました。

後でも説明しますが、この2つをサポートしてもらえるのはかなり大きいです。

 

この記事の目次はこちらです。

 

僕が東京への転職を決意した理由

僕が東京への転職を決意したのは以下理由からでした。

 

・前向きな職場で働きたかった。

前職が「前年踏襲」が基本で、「前回と同じことをやっていればいいやー」という改善志向のない会社で、みんな後ろ向き、やる気がありませんでした・・・

これに辟易して転職を決めました。

 

・優秀な人たちと働きたかった

また、優秀な人達と働きたいと常々思っていて、「東京に行けば優秀な人達がいっぱいいる!」と考えていたことも理由の1つです。

その考えは東京で働いてみて「正解」とわかりました。

 

僕が優秀な人達と働きたいという考えを後押ししてくれたのは、Evernote CEOのフィル・リービン氏の言葉でした。

人生に役立つ3つの教訓として「自分よりも賢い人を周りにおくこと」を挙げています。

まわりの人が自分より「面白い」「興味深い」「頭がいい」環境に自分を置いてください。まわりがすばらしいからこそ、自分が走り続けなければいけないように仕向けるんです。より簡単な道のりを選ぶのではなく、むしろ自分自身を大変な境遇においてみることが大事です。
だから私はいま、自分よりも賢い人を雇うようにしています。ここでいう「賢い」は、自分よりもすべてにおいて優れているという意味ではありません。何かしら、1つの面でもそう感じられれば良いのです。私は突出したスキルがあるわけではないけれど、あらゆる面で力が発揮できるジェネラリストだと思っています。私の基本はプログラマーですが、だからこそ優秀な人に出会うと「あ、この人は優秀だな」とわかるので、その人を雇えるのです。
 
 

 それでは上京転職でやるべきことを解説していきます。

1.まずは転職エージェントに登録しよう

地方からの転職の場合、転職エージェントへの登録はマストです!

東京の人が東京で転職する場合も、転職エージェントを利用するのが一般的なのですが、地方からの転職の場合はなおさら必要なステップとなります。

 

僕も登録していましたが、登録しなければ転職活動でかなり苦労していたと思います。

エージェントさんのサポートでかなり助かりました!

 

 

みなさんも絶対に助けてもらえます!

僕の今の職場に転職で入社する人は全員転職エージェントを利用しています。

転職の際にエージェントを利用することはそれくらい当たり前のことなんです。

 

地方だと転職エージェントに馴染みの無い方もいらっしゃると思いますので、

「そもそも、転職エージェントって何?」というのをご説明します。

既に知っている方は読み飛ばしていただいて大丈夫です!

 

 

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、「転職活動を行う人のサポートをしてくれる会社」です。
過去の転職経験者の成功・失敗のノウハウを蓄積しているため、面接の注意点、企業毎の過去に面接で聞かれた内容等を教えてくれます。
 
僕も、面接を受ける前に、その企業の過去の面接で聞かれた質問を教えてもらった時は、「転職エージェントに登録しててよかったー」と思いましたね笑
 
また、面接日程の調整もしてくれ、企業側から面接の日程の連絡がきて、どうしても休めない日程の場合、日程の調整をしてくれます。これはかなり便利。
 
面接日程を直接企業と調整するのって嫌ですよね。
僕も実際に調整してもらいましたし、非常に助かりました。
 
 
しかも、これらのサービスが 無料で受けられるのです。
転職を希望する人は一切お金を払わなくてOKです。
転職に成功した僕も転職エージェントを利用して一切お金を払っていません。
 
ここで、「無料」ということで、「怪しい」、「どうせあとから課金になるんじゃないの?」と思う人がいると思います。
しかし、「無料」なんです。
 
なぜ無料で利用できるかというと、エージェントが求職者を企業に転職させたら、求職者の年収の約30%が転職先の企業からエージェント側に入るからです。
転職エージェントの成功報酬は、業界的に決まっているわけではありません。
基本的には求職者の想定年収の30%~35%が相場です。
大規模採用を行う企業によっては1人数十万円など一律にディスカウントしての契約も見られます。
 
企業側は、この位のお金を払ってでも優秀な人材を取りたいのです。
逆に言うと、企業側としてはある程度のコストをかけなければ優秀な人材は採用できないということを知っているので、ここにコストをかけます。 
 
 
転職エージェントを舞台にしたドラマ「エンゼルバンク」がテレビ朝日で放送される位なので、決して怪しいものではありません!
ご安心を!
 
 

転職エージェントのメリット

転職エージェントを利用するメリットは以下です。
・転職活動のアドバイスをくれる、不安を解消してくれる!
・面接日程の調整など、スケジュール管理をしてくれる。
 
 
それでは、1つずつご説明していきます。

転職活動のアドバイスをくれる、不安を解消してくれる!

僕が転職エージェントを利用しなかったら、地方からの転職は成功しなかったです。

これは断言できます。

 

転職の不安はすべて転職エージェントが解消してくれました! 

転職に関して無知な僕に対して、転職のプロであるエージェントが的確なアドバイス、フィードバックをくれました。

 

自分が面接で言おうと思うことが、実はNGなことだったりします。

僕もエージェントさんの相談の中で、色々指摘してもらえました。

面接官、採用する側の視点でアドバイスをくれるので、面接を通過する確率が各日にアップします!

 

転職の素人が一人で転職活動をやっても時間のムダですし、体力的にも精神的にも消耗することになります。

最初からプロに頼りましょう!

 

 

僕の担当のエージェントさんは、頻繁にアドバイスをくれて非常に助けてもらいました!

面接の前日や直前、面接が終わるたびに電話をくれて、僕の話を聞いていただき、それに対して的確なアドバイスをくれました。

これには非常に助かりましたね。

面接直前の電話で教えてもらったことを参考に、面接で話そうと思っていたことを急遽変えたりしました。

 

また、エージェントさんも転職を経験してる人がいるので、自分の転職エピソードを元にアドバイスをくれるので、説得力があり非常に役立ちます。

僕の担当の方も、自分の転職経験からアドバイスを話してくれました。

また、親近感も湧きますよね。

 

困ったら転職エージェントに相談すればいいんです!

こんなに安心できるサービスを使わない手はありあせん。

 
 

面接日程の調整など、スケジュール管理をしてくれる。

面接日程の調整などのスケジュール管理は非常に助かります。

自分に代わって、採用側の企業との面接日程の調整などをすべて転職エージェントがやってくれます。

自分は一切かかわらなくていいんです!

日程が決まったら、エージェントから連絡が来るので、その日程で面接を行えば良いのです。

 

面接日程がどうしても都合が悪い時は、日程を変更してもらえます!

僕も日程を変更してもらったことがあります。

その時は、部長クラス(社内の会議などでアポも取りづらいはず)の面接だったのですが、エージェントさんのおかげで日程変更してもらえました。

 

また、複数の会社の面接を1日で組んでもらうこともできます。

全てがうまく調整できるとは限りませんが、エージェントさんには事前にその旨を相談しておきましょう。

 

地方からの転職では、1回1回面接を受けに行っては、時間とお金が消耗しますから、できるだけ調整をお願いしましょう。

 

 

転職エージェントを利用しないと、面接日程の調整や内定辞退など言いづらいことを企業と直接やり取りすることになってしまいます・・・

 

就業中に企業から電話が来たら、「電話をとらなきゃまずい」という気持ちにかられ

電話にでてしまうと思いますが、それが頻繁に続くと、職場の人にも怪しまれますよね笑

 

 

転職エージェントの注意点

転職エージェントを利用する場合も注意点があります。

 

エージェントの各担当者は目標の数字もあるため、より数字を伸ばそうとします。 
それが求職者側のメリットにもなりますが、担当者によっては、要望しない求人を勧めてくることもあるので注意が必要です。
無理矢理転職を決められないように、自分が転職に求める軸は持っておきましょう。 
 

 

おすすめの転職エージェントは?

僕のおすすめの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。 

僕はリクルートエージェントを利用して地方からの転職に成功しました。

 

当時、エージェントを3社並行で利用していたのですが、初めての転職だった僕には、リクルートエージェントが1番でした。
 
地方からの上京転職こそリクルートエージェントがおすすめです!
この後に書いていますが、僕が最初にいいなと思ったのは、「直接会って話を聞いてもらえたこと」です。
周りに転職する人が少ないので、直接会って話を聞いてもらえるのと、そうでないのでは安心感が全く違いました。
 

転職のプロ高野 秀敏さんは著書「失敗しない!転職の技術」の中で、転職エージェントは大手を利用するべきで、メリットは以下としています。

・案件数が多い

・転職初心者の扱いに慣れている。

→事例を多く持っている。

 

また、「リクルートエージェントは実績・案件数ともに圧倒的第1位」と書いており、転職のプロも認めるエージェントなんです!

失敗しない! 転職の技術

失敗しない! 転職の技術

 

  

 

リクルートエージェントの良い所は?

リクルートエージェントの良さは以下の点です。

 

1.直接会って話を聞いてもらえる
直接会ってもらえるのは、今後転職活動を続けていく上で安心感があります。
担当の方の顔を見ておくのとそうでないのではやり取りのしやすさも違ってきます。
 
当時、リクルート以外にも他2社に登録して利用していたのですが、初回から電話でのやり取りで直接会うことが一切なく、初めての転職で不安もあったため初回の電話以降は利用しなくなりました。
 
直接会うのと、電話で話すのでは聞ける内容も変わってきます。
僕の実体験ですが、直接会うと遠慮なく聞ける雰囲気があるのですが、電話だと距離が遠い感じがして聞きたいことも聞けませんでした。
 
地方では周りに転職する人も少なく、情報が得られないので、直接会って深い話を
聞けたことは非常に助かりました。
 
リクルートエージェントは、地方の中核都市には事務所があるので、そこに行けばMTGしてくれます。
他の2社のエージェントも住んでいた場所に事務所はありましたが、電話での対応のみで、直接会って話すことは出来ませんでした。
 
 
2.情報量が多い
やはりリクルートなので、情報量が多いです。
リクルートブランドのノウハウは利用するべきです!
 
面接を受ける前に、その企業の面接で過去に聞かれた質問を共有してもらえました。
また、担当の方以外にも、面接を受ける企業に対して営業に行っている担当者から、その企業の情報を聞けたりもします。
こういった生の情報は面接で役に立ちますよ!
 
 
3.サポートが手厚い
面接前に電話にて、面接で「こう答えようとおもいますが、どうですか?」ということが聞けて、それにフィードバックをもらえるので面接での失敗を防げます。
これで非常に安心できますよ!
 
私も面接当日に不安になっていたところ、担当の方に電話をもらえて安心したという経験がありました。
 
 
4.非公開求人を自分で探せる。
エージェントに登録した後、アプリやサイトのマイページで非公開求人の検索ができます!
これは非常に大きなメリットです。
並行で登録していた他2社ではこれができずに、求人はエージェントに紹介されたもののみでした。
 
非公開求人を自分で検索して、その企業に応募できます!
これにより、自分が本当に受けたい企業だけに応募が可能です!!
これは非常にありがたいサービスなので、ぜひ利用するべきです!
 
 

リクルートエージェントに登録するには?

みなさんエージェントの登録に対して、敷居が高い、面倒臭いと感じていますが、実は簡単です。
SNSのアカウントを登録するように、名前、電話番号などの必要事項を入力するだけでOKです!
 
今登録せず、たった一人で、孤独に転職活動する方が後々大変です!
今登録して、後で楽に転職活動しましょう!
 
これをやるだけでいい会社に入れるかが決まってきますよ。
 
良い求人は非公開求人がほとんどです。
採用側の会社としては、大抵の場合求人をオープンにしたくないのです。
理由としては、競合企業にどんな事業を伸ばそうとしているのか等、戦略を知られたくないという理由があります。
 
 
会員登録すれば、非公開の優良求人を見つけられるので、ぜひ登録してみてください!
リクルートエージェントの登録は以下リンクをクリック後、必要事項を入力すればOKです!
5分以内で完了しますよ! 
(クリック後、リクルートエージェントHPへ飛びます。リンク先で必要事項を入力すれば完了です。)

リクルートエージェント

 
 
上記リンクをクリックするとリクルートエージェントのHP(以下のような画面)に飛びます。

f:id:live_fes:20170814143921p:plain

 

そこから、必要な情報を入力していきます。

以下のような情報を入力します。
・転職したい都道府県
・現在の年収
・現在の職種
・現在の職種
・生年月日
・住所
・電話番号
・最終学歴
・現在の就業状況
・現在の雇用形態
など

f:id:live_fes:20170814144049p:plain

 

※リクルートのサービスだけあって、情報を入力するのが非常に楽です。

名前を入力したら、ふりがなが自動で表示されたりとか。
(じゃらんとかリクルートのサービスって使いやすいですよね!)
 
 
 
もし、複数のエージェントに登録しておきたいと言う方は、他の大手エージェントの登録は以下から可能です。

 

マイナビジョブ20's

20代専門の転職エージェントです。
20代、第二新卒専門の転職ならこれに登録してみてもいいと想います。

 

 

・ワークポート

IT・インターネット・ゲーム業界の転職に強いワークポート。

この業界に興味があるのなら登録してみては?

ただしこの業界は、ブラック企業あり、スピートが速く淘汰も速いのでしっかり調べてから入社するようにしましょう!

 

 

・パソナキャリア

「対ヒト」の 手厚いサポートを売りにしているパソナ。

派遣業など人材に特化したサービスも提供している会社です。

www.pasonacareer.jp

 

 

2.転職エージェントと面談

転職エージェントへの登録が完了したら、次は面談です。

緊張するとは思いますが、そんなに気を張らなくても大丈夫です。

 

事前に資料の提出を求められるので、それを提出してから面談に行きましょう。

担当者は、それを基に求人を探したり、話す内容を予習してくれるので、時間のムダがないように準備をしましょう。

 

面談で聞かれることは以下です。

・転職理由(ここは結構聞かれます。)

・行きたい業界、職種、会社

・志望理由

・いつくらいまで転職したいのか

 

上記のことに対して深掘りされて、今後の方針についてアドバイスをくれます。

担当者によっては、ちょっときつく感じることもあるかもしれませんが、的を得ている部分も多いかと思います。

 

面談の最後に求人を紹介してもらえますよ!

 

 

3.書類選考・面接

書類選考、面接でも転職エージェントを頼りましょう。

まずは自分で調べて内容を固めてから、不安の箇所を転職エージェントに相談しましょう!

 

ご参考までに、僕の転職経験から書類選考・面接で気をつけたことを書いてみます。

 

転職を成功させるために僕が意識したポイント

僕が選考で意識したポイントは以下です。

このポイントが評価されて今の会社に入社できました。

 

・書類選考・面接で、ポテンシャル・伸びしろがあると思わせる

書類選考や面接で、ポテンシャル・伸びしろがあると思わせるために、
会社(サービス・取引先等)、業界のことを調べることが大切です!
 
僕はこれをエージェントの人に教えてもらい、面接を受ける前に企業・業界のことを調べ、それを面接で話しました。
それが、志望意欲が高い、ポテンシャルがあると評価されて内定をもらうことができました。
 
面接で僕くらい調べて来た人はいなかったそうです。
 
調べるソースは、業界紙、業界雑誌、四季報がオススメです。
また、その会社のHP等で力を入れているサービスなどを勉強して、それを言ってアピールするのも有効ですよ!
自社のサービスはその会社の人でも知らない場合がありますからね。
 
業界紙、業界雑誌は、その志望先の企業の人も見ていなかったりして、役員や部長は部下に「見なさい」と言っていたりするので、「業界紙見てこんなこと考えました!」と言えたらポテンシャルを評価さるはずです!
 
僕は、志望先の特徴・サービスをHP業界紙で調べて、「このサービスやりたいです!」と話し、それでポテンシャルがあると評価されました。
 
 
僕の職場でも未経験で入社する人がいて、ポテンシャルのある・ない人がはっきり分かれるのですが、「自分で調べられるか」が鍵になります。
 
業務のための知識やパソコンの操作方法などを自分で調べられる人はポテンシャルがあり、仕事も早く覚え、成長が早いです。
 
逆に、自分で調べられない人は、仕事の覚えも悪く、成長も遅めです。
正直、土日に1時間位勉強すればすぐ覚えるのに・・・ということがあります。
 
面接官はこういった事を知っているので、「調べられる能力」をアピールすることは大切です!
僕が面接官だったら、そこは絶対に見たいです。
ググれば一発でわかるのに、何でも教えてくださいという人は教える気にならないので・・・
 
 

・志望動機は「転職先でやりたいこと」を言う!前職の愚痴は絶対に言わない!

志望動機は転職先でやりたいことを言いましょう!
そのためには、前にも書いた志望先の情報を調べることが欠かせません。
 
志望動機で、「前職が残業多くて。。。」や「前職の人事制度に不満があったからです。。。」などの前職の愚痴をいうことは絶対にNGです!
 
面接官に、「この人うちに入社しても同じこと考えて辞めそう」と判断されてしまいます。
 
僕と同じ日に面接をした人で、「給与が不満」「職場の人間関係」など前職の愚痴・不満を言った人たちは、そこで落とされました。
 
「職場の愚痴・不満を言わない」は、エージェントの人にも言われていました。
 
 

・コミュニケーション能力をアピール

よく言われることですが、コミュニケーション能力をアピールしましょう。

 
具体的な方法は、「面接官の話を聞いて、相手が求めることを理解・それを話す」です。
相手の本当に聞きたいことを理解しましょう!
これができる人は仕事もできます。
 
穴を掘るためのドリルの話がありますが、
この人が求めているものは本当にドリルなのか?
本当に欲しいものは「穴」のはずでは?
という考え方が大切です。
 
これを面接で実践しましょう。

 

面接で参考になるサイト

面接の際に参考になるサイトをご紹介します。

 

リクルートエージェント「転職エージェントの書類添削や面接対策」

不安な人はエージェントに模擬面接を申し出るのもありです。

詳細はこちら

www.r-agent.com

 

 

・リクナビNEXT 面接NG実例集「これで面接、失敗しました」

next.rikunabi.com

 

 

4.転職の際の注意点

転職で注意すべき点は以下です。

 

・内定から入社までの期間は短い!

僕も転職活動の際にびっくりしたのですが、内定をもらってから入社までの期間はみなさんが思っているよりも短いです!

 

僕の場合、その期間は1ヶ月でした。

かなり早かったので、前職で転職しますと話した時は驚かれました。

 

転職の場合、こんなスケジュール感になるので、それを把握して諸々準備しておきましょう!

 

 

5.上京転職にかかる費用、必要な物

上京転職にかかる費用、東京で転職活動をするにあたり必要なものをご説明します。

 

かかる費用は交通費がメインになります。

僕の場合、前職は休みがとりずらいかったので、泊まりはできませんでした。

なので、日中に新幹線で東京に行き、終電の新幹線で帰ってくるというものでした。

 

面接の交通費ですが、出ないところが多いのでは?と思っています。

僕の場合、最終面接のみ交通費が支給されました。

 

 

東京で活動するにあたり、必要な物は以下です。

・Suica

 電車移動が中心になるのでマストです。

これがなければ相当不便なので、事前に購入しておきましょう。

 

・電車乗り換え検索アプリ

交通手段は電車がメインなのでインストールしておきましょう。

ヤフーのアプリがおすすめです。

 

 

【転職が決まったら】

6.上京の際にかかる費用

転職が決まったら、いよいよ上京です。

僕の場合、上京の際にかかった費用は「50万円」でした。

 

お金の内訳はこちら

・新居の家賃、敷金、礼金、仲介手数料

・引越し業者への支払い 

 

このくらいのお金は用意しておきましょう! 

 

 

7.東京での住まいの選び方、通勤は大変?通勤ラッシュを避けるには?

東京での住まいは、「会社に近い場所を選ぶべきです。

これは間違いありません。

弟のアドバイスで会社に近い場所を選んだのですが、大正解でした。

 

電車で15分以内、乗り継ぎなしで1本で行ける場所を選ぶといいですよ!

 

会社の近くに住むべき理由は以下です。

・通勤電車は人が多く、地方では経験しないことなので、結構なストレスになります。

通勤ラッシュ時の満員電車は、みなさんが思っている以上の過酷さです・・・

あんなの毎日経験したら頭がおかしくなります笑

 

・残業が多くなると通勤がキツくなる・・・

残業が多くなると、通勤がきつくなります・・・

満員電車ならなおさらです。

 

東京での仕事はスピード感、質が地方よりも求められるので、結構ハードです。

そんな時に住まいが会社から近ければ余計なパワーを消耗しなくて済みます。

 

 

通勤ラッシュを避けるには、「フレックス制度あり」の職場がオススメです。

それをメインの軸にする必要はありませんが、この制度があると通勤は相当楽になります。

ぼくの職場はフレックスありですが、満員電車に乗る必要がないので、気持ちが非常に楽です。

 

 

8.上京転職を成功させるポイントは?

上京転職を成功させるには、以下が大切になります。

 

・転職エージェントを利用する。

何度も言いますが非常に大切です。

東京の人に比べて、若干不利な上京にあるからこそ、エージェントのサポートを利用するべきです。

 

僕が利用したリクルートエージェントの登録は以下リンクをクリック後、必要事項を入力すればOKです!
5分以内で完了しますよ! 
(クリック後、リクルートエージェントHPへ飛びます。リンク先で必要事項を入力すれば完了です。)

リクルートエージェント

 

 

・転職理由を明確にする

上京してまで、なぜその会社に入社したいのか。

ここを徹底的に考えるべきです!

そのために会社や業界について調べましょう!

 

また、ここは転職エージェントと相談してもOKです。

 

 

実は僕自身、転職するまで特別な成功体験ありませんでした・・・

それを補うために、「ポテンシャル」を徹底的にアピールしました。

上記の「3.書類選考・面接」でもご説明したように、企業を調べたりすることで、ポテンシャルが評価され、今の会社に入社することができました。

 

成功体験がないという方も、このポイントを意識してみてください!