フェスとロック

<最高12万PV>ライブ・フェス参戦歴11年の音楽好きが、ライブ,フェスに行くときの服装、チケットの取り方など役に立つ知識を主に紹介しています。それ以外にも、映画やドラマ、お金に関する役に立つ記事も書いています

【感想】ロンブー淳さんの著書「日本人失格」は20,30代におすすめの本です♪

(2017年2月26日更新)

ロンブーの田村淳さんが書いて「日本人失格」を読みました。

アラサーの僕には、これからの人生や仕事への考え方に影響を与える本になりました。

20,30代の働く人たちに読んでほしい本です!

 

 

メモ程度に感想を

本を読んで感じたのは、以下。

  • 「個を伸ばせ」
  • 自分で考え続ける。自分でルールを作る
  • 脱思考停止。
  • 脱依存体質。会社などから。
  • 思考停止して、周りに同調した方が有利に楽に生きていける日本。
  • 同調して入れば楽に生きられる
  • 日本人は勤勉なのではなく、臆病で怠け者。
  • 日本人は、周りを見て自分が外れていないかを確認して動く。人と同じように働いていると、ある意味楽だから、自分でものを考えなくなる。
  • 「自分はこう生きる」という自分のルールを作れば、意外と他人の目が気にならなくなる。
  • 他人のルールに従ったり、縛られているせいで、多くの人たちがしんどい思いをしている。
  • なんとかするためには、楽じゃないけど、自分の頭で考えて悩むしかない。
  • 勇気を出して、まわりと違うことに踏み出す。
  • そのためには「個を磨く」必要がある。
  • その「個」を見つける。
  • 見つけるためには、自分の好きなもの・嫌いなもの、感動するもの、許せないもの、どんな生き方をしたいかなどを考える必要がある。
  • その中から、絶対に譲れない「核」をはっきりさせる。
  • 「核」とは、触られると怒ったり、好きで好きでたまらないような、感情的になってどうしようもない部分。
  • 自分のそれは、束縛されること、他人の間違ったルールを適用されること。
  • 自分は、常識に縛られずに柔軟に考え、自分の考えで生きて生きたい。
  • 例えば、地方に住みながら東京の人と仕事をする。伊集院静さんのような生き方。
  • 東京で働くことは刺激があり、魅力的だが人が多すぎて疲弊する。そこで、リモートや週1,2の東京出張で東京の人と働きたい。刺激を受けていたい。
  • あとは、週3,4日働いて年収800万以上稼ぐこと。働く質を考えなければいけない。

 

敦さんが、シリコンバレーでfacebookの社員に話を聞いたり、会社を見学した時に、日本にはない「自由」、「自主性」、「自分で考え続ける」を感じたそうです。

日本に蔓延する「思考停止」とは真逆だと感じたとのこと。

 

本はこちら

本はこちらです。興味を持たれた方はぜひ!

日本人失格 (集英社新書)

日本人失格 (集英社新書)