フェスとロック

<最高12万PV>ライブ・フェス参戦歴10年の音楽好きが、ライブ,フェスに行くときの服装、チケットの取り方など役に立つ知識を主に紹介しています。それ以外にも、映画やドラマ、お金に関する役に立つ記事も書いています

【電車では読めない笑】さらば青春の光森田さんの連載がオモシロすぎる!

キングオブコント、M-1グランプリで決勝進出経験もつコンビ、さらば青春の光の森田さんがダヴィンチで爆笑必須の連載を持っているので、ご紹介します。
(ただし男子限定)

内容はエロ、下衆が中心なので、男子には相当オススメできるのですが、女子には絶対にオススメしません笑
この連載のせいで、出待ちがいなくなり、Twitterではエロ垢がフォーローしてくるようになったそうです。

この記事では、何個もある連載の中から僕が好きなものを厳選して紹介します。
回を重ねるごとにエピソードのエグさが増しているので、直近回の方が面白いです笑

連載はこちら。


【オススメ回の紹介】

第16回「ヤリマンいい奴説」

ヤリマンは、底辺の芸人にもヤらせてくれるからいい奴だという独特なロジックでコラムが展開されています。
そんな女子に森田さんにパンを焼いてくれるそうです笑


第17回「局員と飲みたがる女」

テレビ局員(スペック高いからイチローに例えている)と飲みたがるOL二人と飲んだ話です。
森田さんの復讐劇が面白すぎます。


第19回「身の毛もよだつ『ヤリマン2万7千円事件』」

ニューヨーク屋敷さんとの合コンからスタートするエピソードです。
相手が女子大生でその女子大生がめっちゃエロくて、テンション上がりまくるが。。。というエピソードです。
途中から救世主のように現れる「大学で犯罪心理学を学ぶ男子大学生」に注目です。

この話の一部は、ニューヨークのオールナイトニッポンゼロでも取り上げられてましたね。


第20回「戒めパンティー」

毎年決勝に進出していたキングオブコントで、二回戦落ちという失態をしたため、戒めのために鶯谷のエゲツない風俗に行く話です。
鶯谷のバースとの一戦です。


第21回「墓場まで持って行こうと思っていたどエロばなし」

石川県での芸人さんと女性がらみのエピソード。
登場する芸人さんは、大前さん(イケメン)、ヒューマン中村さん。

スラムダンクの名言をその当時のシーンに合わせてうまいこと使っていきます笑
みんなの好きなスラムダンクが下衆に犯されていきます笑