フェスとロック

<最高12万PV>ライブ・フェス参戦歴10年の音楽好きが、ライブ,フェスに行くときの服装、チケットの取り方など役に立つ知識を主に紹介しています。それ以外にも、映画やドラマ、お金に関する役に立つ記事も書いています

【現地レポ】JAPANJAM(ジャパンジャム)の詳細(服装、持ち物等)をまとめたよ!

(更新日:2017年6月10日)

春フェスJAPAN JAM(ジャパンジャム)の時間、持ち物、服装等詳細について私自身が参戦した2015,2016,2017年の現地レポを含めてまとめました。

(※2015,2016年に幕張で開催されたのJAPAN JAM BEACHのレポ、

 2017年に蘇我で開催されたJAPAN JAMのレポをまとめています!)

 

フェス参戦歴10年の私が過去の経験から必要なこともまとめておりますので、参考にしてみてくださいね。

 

2016年までは海で音楽が聴ける最高のロケーションでしたが、2017年からは千葉市蘇我スポーツ公園での開催となりました。

持ち物、服装などは参考になるので、これをみて準備しまよう!

 

この記事の目次はこちら!

  

公式HPはこちら!

japanjam.jp

 

 

 

現地レポ(2017年)

2017年のジャパンジャムにいってきた感想です。

僕の現地からのツイートとともにご紹介!

 
・非常に快適なフェスでした!
ロッキンオンのフェスらしく、非常に快適でした。
ステージ間の導線がすばらしく、ノンストレスなフェスでした。
個人的には、幕張のジャパンジャムよりもこっちの方が好きです。
 
・そして、めちゃめちゃ楽しい!!
アーティストも豪華で相変わらずの楽しさでした♪
来年も是非行きたいですね。
2017年はストレイテナー、ナッシングが良すぎましたね。
ストレイテナーのアンコールでもコラボも最高でした!
 
・ステージが全てデカイ!!
2017年は3ステージだったのですが、全てデカかったです。
どれも3万人は入るほどの大きさでした。
 
こんな感じ(SUNSET STAGEの様子)
 
 
 

・休憩スペースが豊富

幕張のときもそうでしたが、2017年のジャパンジャムでも休憩スペース、椅子が豊富でした。

会場内のフクダ電子アリーナも休憩所として利用できるので、休みたい時はゆっくり休めます!

マッサージもあります。

 

 ・クロークは1箇所

クロークは1箇所です。

ロックインジャパンでは2箇所ですが。

 

 

・風が強くて砂埃がすごい・・

風が強く、グラウンドの砂埃がかなりまっていました。

紙がギッチギチになるので、それが嫌な方は帽子はマストです!

そして、靴がかなり汚れるので、汚れても良い靴を笑

 

 

 

 

・日中は半袖でOK!

日中は厚いので、半袖でOKです!

日差しも強いので、女性は紫外線対策もしっかりと!

 

 

・でも夕方以降は長袖マスト!

夕方は半袖では涼しい、寒いので、長袖は必ず持っていきましょう!

日中はクロークにあずけて、夕方に取り出すというのがいいですね!

 

・夕焼けが綺麗

夕焼けが見られるフェスです!

首都圏でこんな綺麗な夕焼けを見たのは初めてでした!

 

・いつもの撮影スポットもありますよ!

フェス恒例の撮影スポットもありましたよ!

これ以外にも「ROCK」のモニュメントもあります。

 

 

開催場所は?

↓2017年

千葉市蘇我スポーツ公園

〒260-0835 千葉県千葉市中央区川崎町2-18
千葉市蘇我スポーツ公園

 

蘇我駅から徒歩8分!

 

↓2016年まで
・幕張海浜公園 JAPAN JAM BEACH 特設会場(千葉市美浜区)
・千葉県千葉市美浜区ひび野2-116

・京葉線 海浜幕張駅から徒歩約15分
→上記住所をGoogle Mapで調べたら徒歩約10分でした。
・総武線、京成線の幕張本郷駅からは、バス「QVCマリンフィールド」行にて約10分 
終点「QVCマリンフィールド」下車すぐだそうです。

・当日は、海浜幕張駅に会場までの案内が出ているかと思いますが、
駅から幕張メッセ、QVCマリンフィールド方面に歩いていけばいいです。 当日は歩いて会場に行く人がほとんどです!駅からは人の波についていきましょう!

 

 

時間は?

↓2017年

・開場:10時 

・開演:11時30分 

・終演:21時

(各日とも予定) 

 

↓2016年

・開場:10時 

・開演:11時30分 

・終演:21時0分 

(各日とも予定) 

 

 

会場はどんな感じ?

【2017年】

・ステージは3つ 
・飲食店、ベンチ・テーブルなどはもちろんあります。
・クロークもあります。(1日1,000円。荷物が1日出し入れ自由)
→大きな荷物を持って行っても、クロークに預ければ大丈夫! 40~50Lくらいのゴミ袋に入れるので、それに収まる大きさに!

 

その他の詳細はこちらの記事に写真でまとめています!

会場のイメージが膨らむので、ぜひ読んでみてください!

www.live-fes.net

 

 

 

【2016年まで】
・ステージは3つ (2016年)
・飲食店、ベンチ・テーブルなどはもちろんあります。
・クロークもあります。(1日1,000円。荷物が1日出し入れ自由)
→大きな荷物を持って行っても、クロークに預ければ大丈夫! 40~50Lくらいのゴミ袋に入れるので、それに収まる大きさに!
 開演が近づくと受付が混みだすので、早めに預けたほうがよさそうですね!

・アーティストグッズ、オフィシャルグッズ売り場は、1か所ずつあります。
→場所は隣り合わせです。

2016年までの会場の様子を僕の写真で紹介している記事はこちら。

【会場はこんな感じ】写真でJAPAN JAM BEACHの会場を予習しておこう! - フェスとロック

 

 

タイムテーブル

・各日豪華です!
・2017年は11時30分に始まって、21時に終わっています。

・SUNSET STAGEとLOTUS STAGEは、時間が被りますが、SKY STAGEとその他のステージは被りません。

・ステージ間の距離が近いので、移動に時間がかかるということがありあません。

ロッキンオン主催フェスのこういう所好きです。

 

 


当日券はあるの?

・2017年は日によって発売していました。

僕が行った日は、会場外でチケット譲ってくださいのプラカードを挙げている人がいたのですが、当日券あるからそこで買えばいいのにって思ってました・・・

 

・ただし、油断せず早めにチケットを確保しておきましょう。

  

 

必要な持ち物は?

<マスト>

チケット

・航空券や乗車券など交通機関のチケット
・タオル
現金
・保険書コピー
・携帯電話、タブレット
モバイルバッテリー
・スニーカー(マスト) 
・リュックサック
・ウエストポーチ、ショルダーバッグ
・ポケットティッシュ 
・パーカーとかフリース
(マスト!夕方以降海風が寒いからね!)
・日焼け止め
・Tシャツ等の着替え
・メガネ、コンタクト用品
・汗拭きシート or ウエットテッシュ
・帽子
 
<あれば便利>
・虫除けスプレー
・サングラス
・ゴミ袋→シート代わりにもなり便利です。
・懐中電灯
・予備の靴下
・ビニール素材のファスナー付ケース
・圧縮袋
・救急セット(絆創膏や下痢止め湿布など)
 
 

【オススメのショルダーバッグ】

ショルダーバッグは以下に紹介しているような大きすぎないほどよい大きさのものを準備しましょう!

最小限の基準としては、ペットボトルと財布、モバイルバッテリーが入る大きさのもの。

以下で紹介するものは、フェス用としても最適ですが、オシャレなデザインなのでフェス以外の普段の街歩き用としても使用できますよ!

 

おしゃれなバッグで有名な「マンハッタンポーテージ」です。

耐久性の高いナイロン素材を用いており、ハードな使用にも耐えられるのが魅力。

フェスでフロントエリアでもみくちゃになっても大丈夫!

[マンハッタンポーテージ] Manhattan Portage 公式 ALLEYCAT WAIST BAG MP1101 BLK (ブラック)

[マンハッタンポーテージ] Manhattan Portage 公式 ALLEYCAT WAIST BAG MP1101 BLK (ブラック)

 

 

 

 防水性の高いウエストバッグなので、雨が降ってきても安心!いろんなフェス、アウトドアで利用できますね。

[マンハッタンポーテージ] Manhattan Portage 公式 PVC Alleycat Waist Bag MP1101PW NVY (Navy)

[マンハッタンポーテージ] Manhattan Portage 公式 PVC Alleycat Waist Bag MP1101PW NVY (Navy)

 

 

踊りまくりたい人・暴れたい人や、持ち物が少ない人におすすめの小さめのショルダーバッグ♪

[マンハッタンポーテージ] Manhattan Portage 公式 2TONE Alleycat Waist Bag MP1101MUL-B NVY/PNK (Navy/Pink)

[マンハッタンポーテージ] Manhattan Portage 公式 2TONE Alleycat Waist Bag MP1101MUL-B NVY/PNK (Navy/Pink)

 

 

 

上で紹介したバッグ以外でオススメのものを以下記事で紹介していますよ!

おしゃれ・機能性・最小限のサイズという観点からオススメのをまとめています。

www.live-fes.net

 

 

 

【オススメのマウンテンパーカー】

夕方以降のマストアイテムのマウンテンパーカーはオシャレなのがめっちゃあります!
会場でもおしゃれなの着てる人多いです! 
 
以下紹介するものはおしゃれなので、普段街に行くときでも使えますよ!
 

ノースフェイスはオシャレだし、機能性も抜群なので、個人的にかなりおすすめです。

私もノースフェイスのマウンテンパーカーを持っているのですが、8年間使用しており、今年で9年目になりますが今年のフェスでも着る予定です。

 

質がいいので、何年も使えます。僕は10年使おうと思ってます。

値段は1万円を超えるものがほとんどですが、間違いなく値段以上の価値があります。

1万円のものを買ったとして、10年使えれば、1年で1000円。安い!

悪天候に対応できる撥水加工を施した軽量ジャケットだから、フェスにはもってこいのアイテム。

防風性も併せ持つため、急な冷え込みが予想される旅先でも活躍します。

サイズ表は以下リンクよりご確認ください。

THE NORTH FACE サイズ表

 

 個人的にオシャレだと思うブランドの「コロンビア」。

デザインも特徴的で、機能性も兼ね備えています。 

デザインと色がかっこいいです 。青以外にも赤もあります。

  

 

 

 モンベル製品はこちらから!

ポルカテックスという高い撥水製のある素材を使用しているので、雨が降っても安心

耐久性と軽量コンパクト性をバランスよく両立させた、携行に便利なパーカ。

適度に体にフィットするデザイン!

価格は5940円とかなりお手頃

(モンベル)mont-bell ウインドブラスト パーカ Men's 1103242 BK ブラック L

(モンベル)mont-bell ウインドブラスト パーカ Men's 1103242 BK ブラック L

 

 

 

【オススメのマウンテンパーカー】 
夕方以降に備えてマウンテンパーカーを買いたいけど何を買えばいいかわからない人のために、以下記事で機能性、おしゃれの観点からオススメのマウンテンパーカーのベスト3を紹介しています。

 

【オススメのスニーカー】

 長時間立ちっぱなしの時もあるから、スニーカーを履いていきましょう!

さらに、せっかくのフェスなので、オシャレなスニーカーを履きたいですよね!

 

 オシャレにはけるものが多いアディダス!街でオシャレに履けるものがたくさんありますよ。

 

 定番のオールスターはライブ、フェスでも履いている人多いです!

[コンバース] CANVAS ALL STAR HI BLACK MONOCHROME 23.5cm M3310

[コンバース] CANVAS ALL STAR HI BLACK MONOCHROME 23.5cm M3310

 

 

 

【オススメの帽子】

野外フェスのマストアイテム「帽子」のオススメを以下記事で紹介していますので、何を買ったらいいかわからないという人は参考にしてください。

www.live-fes.net

 

 

日焼け止めは肌が弱い人はマストです!

僕は過去に日焼け止めを塗らずにロッキンに参加して、翌日肌の焼けるような痛みに苦しんだ経験がありますので、忠告しておきます笑

ビオレ さらさらUV アクアリッチウォータリージェル SPF50+/PA++++ 90ml

ビオレ さらさらUV アクアリッチウォータリージェル SPF50+/PA++++ 90ml

 

 

 遠出の際はなんだかんだ便利。中身がひと目で分かりますからね。

 

 

【オススメのモバイルバッテリー】

会場内では友人たちとのやり取りがLINE中心になる、会場内で写真を撮りまくる、インスタ、ツイッターなどのSNSをやりまくるのでバッテリー消費が早いです。
そこでモバイルバッテリーがマストになるので、オススメのものを以下記事で紹介しています。
コンパクトなもの、大容量バッテリーのものなどを紹介しています。
 
 

注意事項(重要なもの)

ダイブ・モッシュ禁止(ロッキン系なら常識!)

・6歳未満は入場無料。ただし保護者同伴の場合に限る(もちろん、保護者はチケット必要。かつ、迷子に注意!)

・フロントエリア内(スタンディングゾーン前方)で特定のアーティストが出てくるまで待ち続ける「出待ち/場所取り」行為は絶対にダメ!!!!

→フェスのマナーです!!!!

 
・会場内外での事故・盗難等は主催者・出演アーティスト・会場側では一切責任を負いません。
→ポケットに財布を入れないようにしましょう!
 バッグに入れて、バッグはできる限り前方に向けて持ちましょう。
 
・演奏中にアーティストの写真を撮るのは絶対にやめましょう!!
・会場内外での野宿は禁止です。 
・違法駐車、近隣の住民に迷惑になる行為は、絶対におやめください。


楽しいフェスにしましょうねー!!!!!
音楽を楽しんで!
 
 
 
【人気記事!会場の様子を画像で紹介!】

会場のリアルな様子を写真でまとめたのが以下記事です。

ぜひ確認してみてください!

www.live-fes.net

 

 

2016年までのジャパンジャムはこちら。

www.live-fes.net

 
 
 
【現地からの役立つツイートのまとめ】
 
2016年のJAPAN JAM BEACHに私が参戦した際のツイートを以下記事にまとめましたので、参考にしてみてください。会場の写真、会場の温度感・寒さの感じが参考になります。

www.live-fes.net

 

 

現地レポ(2015,2016年)

2015,2016年にいってきた感想です。

過去のジャパンジャムに興味がある人は見てみてください。

・砂に足を取られて体力消耗する。(けど、くそ楽しい)
服装、靴に気をつけて!!
砂まみれになるから、汚れてもいい靴(スニーカー)でいくこと。
下はめっちゃ砂浜!
・海が真横にあるからロケーション最高!
 インスタにアップしたくなる画像めっちゃとれるよ!
 
・日中は日差しが強いから、紫外線対策はマスト!
 男子も日焼け止めした方がいいかも!
・日中は暖かいから、半袖でOK!
・しかし、夜は海風が吹き冷えて、寒いからパーカー、カーディガンなど羽織るものは必須
 
 
・ジャパンジャム2015のスナップが公式サイトにまとまってるので見てみて!
 
・飲み物買うには相当並ぶから、自分で飲み物を持っていった方がいいかも
・ただ、相当楽しい! 
 
・会場(幕張)はこんな感じ
 
 
 
 
  
 

他の春フェス、夏フェスの記事は以下から。